シーモアなら初めての人限定で70%割引券・初月100%還元で最大2万ポイント戻ってくる!
PR

葬送のフリーレンが休載多すぎ!理由は複数ある

葬送のフリーレンが休載多すぎ!理由は複数あるエンタメ
記事内に広告が含まれています。
PR

スポンサーリンク

今回は、葬送のフリーレン休載多すぎと感じている方が結構いらっしゃったので、なぜこんなにも休みが多いのか、調査してみました。

葬送のフリーレンはアニメ化もされている大人気漫画です。

大好きな漫画だからこそ、葬送のフリーレン休載多すぎじゃない!?と気になっている人が多いのかもしれませんね。

そこで、葬送のフリーレン休載多すぎな理由をまとめて紹介していきます!

 

\葬送のフリーレンがお得に読めちゃう!まずは無料試し読みから/

※7割引チケット配布&初回登録で100%還元コースありで実質無料!?

※2024年1月25日まで単行本丸々2巻無料で読める!

 

葬送のフリーレンが休載多すぎ!理由は複数あり

葬送のフリーレン休載多すぎな理由は、複数ありました。

また、最初の頃は毎週掲載されていたのが、隔週だったり、休載になったりがありました。

逆に毎週載るのが不思議な感じだといっている方も出てきたほど!

人気漫画だからこそ、毎週載ってほしいってのはありますよね。

ちなみに、休載は2022年5月~6月、2023年1月~3月、2023年4月~9月、2024年1月も休載ありですね。

そもそもなぜこんなにも葬送のフリーレンは休載多すぎなのか?

 

でも、ジャンプの方も結構、休載ってのは多いですよね。

異常なほどって感じもしませんよね…。
あと、コナンは月の半分くらいしか掲載されていないような…。

 

作者の体調不良

葬送のフリーレンが掲載されているのは、週刊少年サンデーです。

いや、週間って!

本当に大変だと思います。

休みなく仕事だと思われます💦

想像を絶する仕事量ではないでしょうか?

そんな仕事を続けているとやはり体調不良は、あり得ますよね。

ただ明確に先生が体調不良で休載としていませんので、はっきりと体調不良とは言い切れません。

ただ…本当に毎回、納期大変だと思います💦

あんなに面白い作品を毎回、納品するってプレッシャーも大きくて、体調に影響が出るのではないでしょうか?

 

アニメ化制作など準備期間

葬送のフリーレンはアニメ化が決定したのは、2022年9月です。

ちょうどその前に休載しましたよね。

やはりアニメ化の準備が大変だったのかもしれません。

打ち合わせ、監修などを行って、仕上がりをよくするためにも、やはり何度も繰り返し行われたのではないでしょうか?

そうなると、原作の方をすすめるどころじゃないですよね💦

 

作画が大変

葬送のフリーレンは原作と作画で作者がわかれています。

コマ割りも丁寧で、作画は全体的に細かく、世界観も良く表現されていますよね。

作画に時間がかかるのは納得です。

しかも、週刊ですよ!?

毎週20ページ程度掲載されますから、月に換算すると80ページは描かれています。

え…月間ではそんなにないよね…ってびっくりです。

さすがに丁寧な作画でこの量は…鬼やんけ!と思いますよね💦

頭おかしくなると思います、わたしなら。

 

話の複雑化で綿密に練っている

葬送のフリーレンは設定が結構複雑だったり、話が難しく交錯したりしています。

結構、要所要所で複雑なところがあり、話が難しくなってきていますよね。

また、その結果、安易に話をすすめると矛盾が生じてしまいます。

原作者サイドが話の矛盾が生じていないか、丁寧に推敲を何度もしているのではないでしょうか?

また、作者様は話と作画の2人体制なので、そこでも納得がいく展開になるか話をしている場合は、さらに時間がかかりますよね。

そんなことをしていると、やはり毎週掲載ってのは、かなり厳しい展開です。

その結果、定期的な休載が挟まれてしまうのかもしれません。

 

連載の延長などの事情

実は作者サイドはいっきに最終回まで持って行きたいと思っている可能性もあります。

人気漫画ではありますが、淡々としたストーリー展開なので、終わらせようと思えば、終わらせられるのかなと思える内容です。

そのため、作者サイドは最終回に持って行きたいと思っているかも?とも思えました。

また、編集サイドからむちゃぶりされていて、次回作の提案を…という話にもなっていなくもなさそう?ということを言っている人もいました。

確かに、漫画編集がそういう風にむちゃぶりすることは多いようですね。

アニメ化も成功していますし、流れ的には出版社は終わらせたくないと思います。

せめて、アニメがある程度進み、十分な収益を生んでから…と考えているのかもしれません。

その結果、休載しつつ、連載している可能性もあります。

 

出版社はできるだけ長く人気漫画を掲載したいですもんね。

 

ネタ切れやストーリー展開のスランプ?

葬送のフリーレンは全体的に、淡々と進むストーリー展開ですよね。

面白いですが、次にどういう意外性のある展開にするのか、持っていくのが難しそう…。

ストーリー展開を考えるのもこういった異世界物は難しいですし、そもそもネタ切れになっている可能性もあります。

また、長編になると惰性になったり、ストーリーを生み出すのがつらくなっている、スランプに陥りやすくなっているなども考えられます。

展開の行き詰まりがあって、いい加減な話を作れない…その結果、長期休載を挟んでしっかり構想を練るってのもあり得そうですよね。

 

単行本発売の準備

単行本発売の準備とかで休載になる可能性もあります。

大人気漫画家さんはSNSで発信していないことも多いですが、TL漫画家さんなどはよく「単行本準備のため、休載します」というお知らせを発信している方もいます。

基本的な作業は…

  • 作者、担当、編集部、デザイナーでの表紙デザインの決定
  • カラーイラストの作画
  • レイアウトの調整および修正
  • 目次のデザイン
  • カバー下の作画、話数の間のショートストーリーやイラスト、巻末のストーリーなど描き下ろし漫画
  • 試し刷りのチェックおよび修正
  • 帯デザインの確認
  • 得点ペーパー、POP、広告画像などの販促物の作成および確認および修正

単行本を発行するだけでも、最低でもこれはありますよね。

これだけやるのはめちゃくちゃ大変。

特に大人気漫画の場合は、ボリュームが多いのではないでしょうか?

その結果、しばらく休載を挟むという展開はあり得るのではないでしょうか?

休載を呟くTL漫画家さんは月1回~2カ月に1回のペースでの配信でした。

それでも、単行本準備では1回~2回お休みをしています。

ということは、やはり週間漫画雑誌を継続しながら単行本準備ってのは、ハードすぎるのではないでしょうか?

 

パソコンが壊れて休載になったことも

実は作画担当のアベツカサさんのPCが壊れてしまったことがあるそうです。

HDが飛んじゃったらしく、恐らく相当な量のデータが消えたと思われます。

作画だけでなく、資料などもあるだろうし…これは、病んでしまうレベル。

なので、これは休載に追い込まれるのは納得ですね。

 

福利厚生の意味もある?

人気作者が休載するというのは、あり得ます。

体調不良の部分や体調を整えるために休載される漫画家さんも多いですが、福利厚生的な意味合いもあるのかもしれません。

休載が多い漫画家さんは、以下の通り。

  • 富樫義博先生
  • 美内すずえ先生
  • 星野桂先生
  • 貞本義行先生
  • 江口寿史先生
  • 葦原大介先生
  • 井上雄彦先生
  • 三浦建太郎先生
  • 永野護先生
  • 萩原一至先生
  • 矢沢あい先生
  • 絶叫先生
  • 広江礼威先生
  • 蒼樹うめ先生
  • あずまきよひこ先生
  • 高屋良樹先生
  • ばらスィー先生
  • 平野耕太先生
  • 桜野みねね先生
  • 桜井のりお先生
  • 冬目景先生
  • 木多康昭先生
  • 幸村誠先生
  • 車田正美先生
  • 岩明均先生
  • 日向武史先生

 

そのほかにも、結構休載されている漫画家さんは多くいます。

なので、葬送のフリーレンが休載多すぎと言われていますが、そこまで多いとは思えませんでした。

人気漫画家さん、多忙で話をよく練らなくてはいけないという意味では、週刊で掲載するには限界があります。

定期的に福利厚生的な意味合いでも、出版社側からお休みを先生に入れるのはありえるのかなと思いました。

人気漫画ですから、継続してもらわないといけないですしね!

 

広告

葬送のフリーレン休載多すぎで打ち切りはあり得る?

葬送のフリーレンは休載多すぎる!と思いますが、多くのファンが定着しているので、うちきりの可能性はほぼほぼないと思います。

また、長編漫画になりつつあります。

アニメ化でも成功しているので、アニメのシリーズ化が進んでいくのではないでしょうか?

アニメ化すれば、ほぼほぼあたる漫画を途中で打ち切るメリットは出版社にはありません。

むしろ痛手になりますし、読者離れの可能性も出てしまいます。

また、アニメ化が進めば、収益アップにつながるので、間に休載を挟んだとしても確実にプラスになるので、うちきりはあり得ないでしょう。

 

広告

葬送のフリーレン原作はどこまで進んでる?

 

葬送のフリーレンの原作はどこまで進んでいるのかも気になるところですよね。

葬送のフリーレンは、2020年4月28日発売の週刊少年サンデーに掲載されたのが1話目です。

そこから現在は2023年12月に単行本12巻が発売され、2024年1月17日発売の8号では121話が掲載されました。

次週は休載予定のようですね。

 

\葬送のフリーレンがお得に読めちゃう!まずは無料試し読みから/

※7割引チケット配布&初回登録で100%還元コースありで実質無料!?

※2024年1月25日まで単行本丸々2巻無料で読める!

 

広告

葬送のフリーレンが休載多すぎ!理由は複数ある

 

葬送のフリーレンが休載多すぎと感じている人は、結構いました。

気になってSNSで呟いている人もいましたし、どんな理由で!?と調べている人は多かったです。

わたしも気になっていろいろ調べてみたところ、これは仕方ない…というものが結構ありました。

週刊漫画ということでかなりハードなお仕事をされているので体調不良の可能性があるということはもちろん、アニメ化の準備、単行本の準備、作画の大変さ、ストーリーの推敲なども大事ですよね。

トータル的に見て見ても、定期的に救済を挟んでも仕方ないのかなと思いました。

また、だからこそ、レベルの高い作品に仕上がっているのではないでしょうか?

無理して掲載されるよりも、定期的な休載を挟みつつ、素敵な作品を世に生み出してくれる方がいいですよね。

また、葬送のフリーレンが休載多すぎと思っている人は多いですが、ほかにもたくさんの有名漫画家さんも結構休載しています。

なので、葬送のフリーレンが異常というわけではありません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました