スポンサーリンク

 

 

めぐママめぐママ

心霊探偵八雲シリーズは私が好きなシリーズの1つ。
40代のおばちゃんなのにそんなの読んでるの?と思われますが面白い。

 

その心霊探偵八雲シリーズ11巻が2019年3月30日に発売されました。

発売されてすぐに入手したんですが、バタバタして読み始めるのが遅くなりました。

 

やはり心霊探偵八雲シリーズは面白い!と思ったんですが、こちらの11巻、完結しません。
最後は気になる終わり方になっており、続きが気になります。

 

もし、一気に読みたい方はまだ読み始めるのはやめた方が良いですね。
次巻の発売は5月を予定しているようです。

 

それまで我慢できないので、読んでしまいましたが、もう少しなので我慢が良いかも…。
こちらではざっくりしたあらすじをご紹介するので、それだけを読むの〇。

 

では心霊探偵八雲11巻のちょいネタバレのあらすじ&コメントをお送りします。

 

心霊探偵八雲シリーズとはどんなシリーズなのか

心霊探偵八雲シリーズを読んだことがないという人もいるかと思うので、ざっくりとご紹介します。

 

 

心霊探偵八雲シリーズは累計680万部突破の人気シリーズ

心霊探偵八雲は累計680万部突破の人気シリーズで、漫画、アニメにもなっています。

短編の漫画、長編の漫画と2種類あります。

 

また、舞台もやっているようなので、コアなファンは見に行っているのではないでしょうか?

 

めぐママめぐママ

アニメにもなっていますが、やはり、小説版が一番面白い!

 

わたしと心霊探偵八雲との出会い

最初のきっかけは第一子がまだ赤ちゃんだったころ、ストレス発散でふと近所の本屋に入ったとき。
そのときに何気に手に取ったのが心霊探偵八雲の最初のマンガ化されたものでした。

 

その漫画はこちら↓

 

2冊で完結だったんですが、ちょっとおもしろいなと思ったら、小説が原作だったので購入してみたらハマった!

 

めぐママめぐママ

最初の漫画は面白いのは面白いんですが、すんごい面白い!という感じではなかったんです。
でも、設定が独特で引き付けられるものがありました。

 

主人公八雲の設定は悲しい

主人公の八雲の片目は赤く、その瞳で幽霊を見ることができてしまいます。
その赤い瞳を見るとみんな「気味が悪い」…と言い、コンタクトレンズでその赤い瞳を隠してきました…。

 

でも、その赤い瞳をきれいだと初めて言ったのが、このシリーズでパートナーとなっている晴香。
晴香もまた暗い過去を持っているんですが、詳しい話はそれぞれの巻のあらすじを掲載する予定なので、そちらをご覧ください。

 

八雲と晴香は徐々に距離を縮めていくけどくっつかないもどかしさも良い

心霊探偵八雲シリーズでは男女が一緒に事件を解決していきますが、すぐにくっつくというわけではないです。
しかも、この11巻ですらくっついていない!

 

めぐママめぐママ

徐々に距離は縮まるものの、なかなか恋人同士にはならないんです。
結構、恋愛ものに結び付けたいタイプなんですが、このシリーズに関してはこのもどかしさも良い!

 

いよいよクライマックスへ

心霊探偵八雲シリーズは11巻となっていますが、ショートストーリーなども出ているので、冊数としては少なくありません。
ここまで二人がくっつかないというのもすごい!

 

めぐママめぐママ

いよいよ、クライマックスに突入ですが、11巻は緊張感あふれる巻となっています。

 

心霊探偵八雲11あらすじ

心霊探偵八雲シリーズをずっと読んできたんですが、今まであらすじ、感想を書いていません。
大好きなシリーズなので、紹介したいところですが、読んだ直後でないと細かい内容を説明できない!

 

ということで、最新刊からご紹介になりました。

 

心霊探偵八雲11の主な登場人物

心霊探偵八雲11の主な登場人物は基本的に他の巻と変わりません。

 

☑主人公八雲
赤い瞳を持ち、この瞳で幽霊を見ることができます。
頭脳明晰で複雑な事件も解決。

 

☑晴香
主人公の八雲のパートナーともいえる存在。
恋人同士ではないですが、深い絆で結ばれ、いつも八雲を支えています。

 

☑後藤
元刑事でしたが、ある事件をきっかけに刑事をやめ、心霊専門の探偵に。
心霊専門とはいうものの幽霊を見ることはできないので、常に八雲の力を借りている状態です。

 

☑石井刑事
気の弱い刑事ですが、八雲たちとともに事件解決をしています。
晴香に想いを寄せていましたが、数巻前から気持ちに変化が。

 

☑真琴
以前、霊に憑依された事件で八雲に助けられた経験を持っています。
このとき、石井に励まされ、想いを寄せるように。

 

☑七瀬美雪
八雲の父、雲海を深く愛し、常に事件を引き起こす人物。

 

☑雲海
両目の赤い人物で、幽霊を見ることができます。
八雲の父ですが、八雲の母と結婚しているわけではありません。

 

すでにこの世を去っていますが、今までは常に事件を引き起こしてきました。

 

めぐママめぐママ

このメンバー以外にも宮川刑事、畠、えいしん、後藤の妻、なおなど、ちょいちょい出てくる登場人物も加わります。

 

今回4つもの心霊現象が発生

今までも複数の心霊現象を解決、並行して事件が絡むということがありましたが、今回は同時に4つもの心霊現象が発生しました。
これは過去最多の数です。

 

この心霊現象がどう絡み合うのか、それとも関係ない心霊現象も混ざっているのかが気になるところ…。
読み進めるうちに複雑に絡み合って、この心霊現象がこれから起こる晴香の拉致に大きくかかわることになります。

 

4つの心霊現象勃発直後に晴香が拉致される

心霊現象の相談といえば八雲というのは定番になっています。
今回は心霊現象4つ勃発という特殊な状況になりましたが、その直後、晴香が拉致されてしまうんです。

 

その後、晴香を救うため、八雲をはじめとする登場人物が協力し合い、晴香の居場所に徐々に迫っていきます。
八雲が焦るあまり判断ミスをしたり、今までにない行動があってドキドキしました。

 

この巻では常に八雲の焦り、後悔が伝わってよかったです。
いつもは八雲が中心となり、冷静な判断で事件を解決していくのですが、晴香を救うために

 

人の道も踏み外しそうになる…そこまで八雲が焦るという場面がグッときました。
ネタバレまでしてしまうと面白くなくなってしまうので、あくまであらすじにとどめますが、この巻では話は終わりません。

 

もちろん、今回も七瀬美雪が事件に大きくかかわっています。
どこまで八雲を苦しめたら気が済むのか…とわたしはちょっとイライラしました。

 

このイライラを解消するのは次巻で、きれいに解決してくれるしかない!
次巻が早く発売しないかなともう気になって仕方ないです。

 

めぐママめぐママ

次巻は5月に発売といううわさがありましたが、現在、アマゾンには出ていません。

 

まとめ

心霊探偵八雲はいよいよ最終章に突入という感じで、晴香の身がどうなるのか、二人の関係がどうなっていくのかが見ものです。

今回の11巻は一気に読めました。
(もちろん、どの巻も一気に読んでいるんですが…)

 

12巻が楽しみでたまりませんし、出たらすぐに感想をアップしようと思っています。

楽しみにしていてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク