スポンサーリンク

 

 

めぐママめぐママ

小学校のPTA役員、専門部はありますか?
すべての親が必ず一回は担当しなくてはいけないという学校も多いでしょう。

 

一回はやらなくてはいけないなら、負担が少ない役員、専門部をやりたい、部長という役職から逃げたいと思いますよね?

今回はPTA役員、専門部から逃げることはできるのか、部長職から逃げる方法、決め方まで紹介します。

 

また、早めにPTA役員、専門部をやってしまった方が良い理由も紹介しておくので、よく検討してください。

 

 
 

PTA役員・専門部部長に!逃げる方法はある?決め方も紹介

PTA役員・専門部部長に!逃げる方法はある?決め方も紹介

PTA役員、専門部を逃げる方法はあるにはあります。

ですが、ここで紹介する方法は周囲にかなり迷惑をかけますし、大ヒンシュクになるのでおすすめはしません!

 

PTA役員・専門部を逃げる人は絶対いる!

PTA役員、専門部の仕事をしたくない!という人は1学年に数人はいます。

わたしの学校の方でも数人いらっしゃいました。

 

 確かに強制のものではありません。 

なので、保護者会などに来ない、電話に出ないという方法で、これは回避できます。

 

ただし、周りの親が全員やっていたら、大ヒンシュクです!

子供にも影響が出る可能性もないとは言い切れません。

 

そこを覚悟して行ってください。

 

めぐママめぐママ

それでも根気よく連絡されることもあるので、逃げ切れないなんてことも十分考えられます。

ただ、周囲が「こんな人」とあきらめていれば、押し付けられない可能性もあるかもしれません。

 

だって、そんな人と一緒に仕事をしても、自分の負担が増えるだけですから…。

 

PTA役員・専門部の決め方

PTA役員、専門部の決め方はいたってシンプル。

うちの学校のケースになりますが、基本的にどこの学校でも同じように決めるでしょう。

 

PTA役員については推薦または立候補された人に電話がかかってくるんです。

 わたしはさすがにPTA役員は負担が大きいので、受験や下の子がいるなどの理由を持ち出し断り続けています。  

 

ちなみに専門部をされている方、学校でのボランティア活動をされている方には連絡がきやすいのかなという印象です。

 

次に専門部決めについてですが、これは保護者会など、親が集まるタイミングで決めます。

もちろん、その前に希望を用紙で提出してから、保護者会で最終決定します。

 

このときに候補者がいなければ、その場で立候補を募る、専門部をしていない人を洗い出し、お願いすることになります。

 

めぐママめぐママ

すでに高学年でやっていない人が少ない場合、電話攻撃で決定するなんてこともあるかもしれません。

 

PTA役員・専門部は絶対一回は回ってくる学校は多い?負担を軽くするためには

PTA役員・専門部は絶対一回は回ってくる学校は多い?負担を軽くするためには

周辺地域の学校の方に聞いてみると最低でも一回はPTA役員または専門部の部員になるというルールがあるようです。
昔はこんなことなかったように思えますが、今は結構、親の出番が多いのかもしれません。

 

避けられないならできるだけ負担の軽減を!一年生で終わらせるのがおすすめ

どうしても、避けられないなら、できるだけ、負担を少なくしたいというところですよね。
わたしは三年生を二回、六年生を一回、担当しました。

 

それで感じたことは…学年が上がるほど、よくわかっているだろうから…と負担が増えるイメージでした。
もちろん、担当する専門部によってはぐっと負担が少なくなるものもあります。

 

仕事をしている、下の子が小さい場合はなるべく負担を少なくしたいですよね。
どうすれば、良いのか…

 

 まずは早めに専門部をやってしまうこと。

できれば、一年生で担当してしまった方がいいです。 

 

他の学校でも取り入れているところがあるようなので書きます。
一年生だとまだわからないこともあり、専門部の委員長、部長にならなくてすみます。 

 

すべての学校に当てはまる訳ではないようですが、その確率は高いのではないでしょうか?
一年生というだけで、このメリットは大きいです。

 

もちろん、担当する専門部によっては委員長、副委員長、部長、副部長にならなくても、負担が大きいということもあります。

 

しかし、長がつく役職に就くと細かい仕事も増えるため、かなり大変になるかもしれません。

 

めぐママめぐママ

ちなみにわたしは部長、副部長、会計、書記の経験者です。

まあ、そこそこ、大変でした。

 

だからこそ、一年生で担当してしまった方が長になるリスクが少なくなるんです。

また、一年生だとよくわからず、立候補する人が少ないケースもあるので、穴場なんです。

 

一年生を過ぎたなら情報収集&早めにすませる

一年生なんて終わっちゃったよー!という人もいるかもしれません。
できれば、よくわからないから様子を見たいと思って避けたのでしょう。

 

一年生を過ぎてしまっても、早めに立候補するのがおすすめ。
この理由は…

 

高学年になると親も忙しくなる可能性があるからです。

 

忙しくなる理由はさまざまですが、三、四年生から受験対策をし始める、いじめやトラブルが増えてくるからです。

 

また、ギャングエイジと呼ばれる年齢になるため、反抗的な態度も多い!
親のストレスも結構、増えてきちゃうんです。

 

めぐママめぐママ

だからこそ、早めに立候補するのがおすすめ。
また、六年生だと受験も本格的になるので、負担がハンパなく多くなります!

 

これだけは避けた方が良いでしょう。

 

そのほかに大事なことは情報収集!過去の経験者に聞こう!

同じ学年の人しか、知り合いがいないということもあるかもしれません。
でも、その中には上の子がいるお母さんもいます。

 

そういったお母さんを見つけ、情報収集しておきましょう。
 どんな仕事があるのか、自分でできる仕事なのかなど、選択の幅が広がります。  

 

また、勝手なイメージで「この専門部は大変」と思うことが多いですが、意外としっくりくることもあります。
わたしも大変かな…と思っていましたが、思っていたほどではない、いや、あの部の方が大変だわ…と思ったものです。

 

めぐママめぐママ

まずは実際に経験したことがある人に話を聞きましょう。
特に前年度に経験されている人の方が最新情報を持っているので、聞いた方が良いです!

 

PTA役員会長・専門部の部長を逃げる方法はある!

PTA役員会長・専門部の部長を逃げる方法はある!

PTA役員、専門部をやりたくないけど、決まってしまった、逃げることができなかったということもあるでしょう。

どうすればいいのか、ご紹介します。

 

わたしのケース:専門部の副部長に立候補

わたしのケースになりますが、部長になるのはとにかく嫌だったんです。

で、最終的にだいたいアミダまたはジャンケンで決まることが多いと聞きました。

 

わたし、どちらも結構あたりをひいちゃうんです。

なので、部長職を何が何でも避けるには…立候補しよう!と思いました。

 

で、副部長に立候補したんです。

これはあたりでした!

 

 副部長は基本的に部長のサポート役になるので、ちょっと細かい作業がありますが、それほど大変ではなかったです。

逆に役職につかなかった人たちの担当する仕事の方が下手したら、大変だったと思います。  

 

めぐママめぐママ

専門部の仕事の内容によりますが、副部長は穴場の役職だと覚えておいてください。

 

PTA役員・専門部から逃げることができなかった!引き受けるメリット・デメリット

PTA役員・専門部から逃げることができなかった!引き受けるメリット・デメリット

PTA役員、専門部を引き受けるメリット、デメリットって何?と気になりますよね。
参考までにリストアップしてみました。

 

PTA役員・専門部を引き受けるデメリットは時間を割かなくてはいけない

PTA役員、専門部を引き受けるデメリットはそこそこありますね。

 

☑自分の時間を割く必要がある。
☑会合に出る、発言する必要がある。
☑学校に行く必要がある。

 

などです。

 

めぐママめぐママ

専門部によっては何度も集まったり、時間を割いたり、会合に出て発言や発表したりすることもあります。
もちろん、そこまでする必要がない専門部もあるので、負担が軽いところであれば、ピンポイントでしか仕事をしないということもあります。

 

PTA役員・専門部を引き受けるメリットは意外とある

PTA役員、専門部を引き受けるメリットはないのでは?と思われるかもしれませんが、わたしは結構あると思っています。

 

☑学校での子供の様子がよくわかる。
☑子供の友達関係も結構把握できる。
☑子供の友達とも仲良くなれる。
☑他の親とも情報交換できる。
☑先生ともちょこちょこ話ができる。
☑イベント関連の専門部ならある程度、コントロールできる。

 

学校に行くことが多いので、上記のメリットがあります。
そのため、低学年でPTA役員、専門部をしなくても、メリットは大きいですね。

 

めぐママめぐママ

子供があまり元気がない、学校での生活がちょっと気になる、勉強がついていけているのか気になる場合、ちょっと見学したり、先生と話したりできるのはかなりありがたいです。

 

だがらこそ、デメリットにばかり目を向けるのではなく、メリットにも目を向けた方が良いんです。
引き受けるからにはこのメリットを最大限に活用しましょう!

 

実際に専門部の長を一通り経験した感想

実際に専門部の長を一通り経験した感想

それでは専門部の部長、副部長、会計、書記を経験した感想をお話ししますね。

 

一緒に仕事をするメンバーに大きく左右される

はっきりいって、一緒に仕事をするメンバーに大きく左右されます。
連絡しても返事がない、仕事を割り振っても仕事をしない、文句ばかり言っている、揚げ足を取るという人も多かったです。

 

特にわたしが会計をしているときは仕事をしない、文句ばかり言っている、揚げ足を取る、集計をしない、お金を戻さないという人がいました。

 

何度言ってもだめでした。

ちなみにわたしだけでなく、部長や同じ仕事のグループの人に対してもそうでした。

 

こういう方がいると仕事がしづらい、ストレスを感じることが多いので、つらいですね。

 

めぐママめぐママ

ただ、変な人ばかりではなく、 良い人もたくさんいるので、そういう方たちとの繋がりは大事にして仕事をするとやりやすくなります。 

わたしは最終的に「ああ、この人は宇宙人で何も話が通じないんだ。かわいそうな人なんだ。」と思うようにして、気持ちが軽くなりました。

 

周囲の人は心配してくれていましたが。

 

縦の交流・繋がりもできる

 一人っ子のお母さんには特にメリットになることが縦の交流、繋がりができることです。

先生、中学校の情報などは前もって知っておくと助かります。  

 

相談しやすい先生、よく見てくれる先生など、良いところがあれば安心ですし、逆にちょっと…という先生なら、目を光らせようと考えられます。

 

めぐママめぐママ

中学校の情報がわかれば、どこの中学校にしようか検討しやすくなります。
特に受験対策では、この塾がいい、ここを受験するならこれはやっておいた方がいいという話も聞けるのが大きいです。

 

PTA役員・専門部からは逃げることができない?でも専門部を引き受けるのも悪くない

上記の通り、PTA役員、専門部から逃げることができない可能性は高いです。

専門部を引き受けると大変な面もありますが、トータルで考えるとメリットも大きいです。

 

もちろん、仕事をされている方への負担はありますが、仕事をしていてもできる範囲で引き受ければ十分です。

 

めぐママめぐママ

それを考えると1度は専門部を引き受けてもいいのかなと感じると思います。

 

まとめ

まとめ

小学校のPTA役員、または専門部は必ず1度は回ってくる、回避できないという学校が多いようです。
それなら覚悟を決めて早めにやってしまった方が良いです。

 

高学年になればなるほど、負担が大きくなる確率が高くなるので、できるだけ早めに終わらせると安心でしょう。

 

 

 

スポンサーリンク