スポンサーリンク

 

 

 

めぐママめぐママ

元々、手芸が好きだったんですが、娘もその血を受け継いでか、物作りが大好きです。
ただ、最近、忙しいので、わたしは基本的に手芸から離れてしまいました。

 

そんなときに便利なのが、地域のイベント。
今回、地域のイベントで超簡単なパペットの作り方を教えてもらってきました。

 

材料を準備しておけば、30分もかからずできあがってしまいます!

 

 

 

 

パペットの作り方は超簡単!材料も少ない

パペットなんて作ったことがないから一から作るのは面倒くさそう…と思いますよね?

 

そんなことはありません。
小さいお子さんでも簡単にできてしまいます。

 

材料は100円ショップのものでOK!

材料はあんまりお金かけたくないですよね?
そんな人は100円ショップのもので、作ってしまいましょう。

 

材料
☑長めの靴下
☑スポンジ
☑厚紙
☑ガムテープ
☑シール付きのフェルト白、黒、赤
☑飾りにしたいもの
☑グルーガンまたはボンド
☑ハサミ

 

これだけでOK!

 

パペットの作り方基本

今回ご紹介するのはパペットの基本的な作り方です。
また、もっとかわいらしいものを作りたいという方は布を用意して作る方がいいかも。

 

子供が作る、時間がかかるものを作りたくないという方は、靴下で作ってしまいましょう!

 

1.スポンジを靴下の中に入るサイズにカットします。

スポンジ
2.厚紙を靴下に入るサイズ、長方形、角を丸くカットします。
これを2枚用意します。
厚紙は上下のあごになるので、靴下の底の部分に合うようにカットしましょう。

 

3.2枚の厚紙をガムテープで貼って繋げます。
また、上あごになる部分の厚紙にはスポンジを貼り付けます。

厚紙

 

4.靴下にカットしたスポンジと厚紙を入れて、形を整えます。

靴下

 

5.フェルトで黒目、白目、ベロを作ります。

 

6.顔の部分に目を貼ります。

パペット 目

 

7.口の中にベロを貼ります。

ベロ

 

8.お好みで飾りをグルーガンまたはボンドでつけていきます。

完成です。

完成

 

基本中の基本の作り方なので、超簡単です。
小さいお子さんでも、作れるのでやってみてください。

グルーガンの方が飾りは取れにくいです。

 

パペットは遊びだけじゃない?心理的効果も

パペットパペットは遊びに使うだけではありません。
腹話術で遊びますが、子供にとっては自分より弱い立場のものという認識なので、さまざまな効果があるようです。

 

親子で使えば本音を吐き出しやすい

親子

パペットを教えてくださった方はカウンセラーでもあり、パペットを使うことで親子で本音を出しやすくなるとか。
自分ではない、違う立場で話すことになるので、言いやすくなるそうです。

 

実際にパペットを使って話してみたら本音を

ええ?本当に?と思って、取りあえず、いろいろパペットを通して、話してみました。
普段通りのところも多かったですが、なかなか言えなかったところが一つ言えたようです。

 

ひまわりひまわり

お兄ちゃんにもっと遊んでほしい…。

 

でした。
確かにお兄ちゃんお兄ちゃんのタイプの子で、お兄ちゃんの遊びは結構してます。

 

でも、娘の遊びたいものでは、どうやらあまり遊んでいなかったようです。
もう少し自分が遊びたい遊びで、お兄ちゃんにかまってもらいたかったみたい。

 

ちょっとしたことですが、良いこときけた!と思って、お兄ちゃんに話しました。
お兄ちゃんは結構遊んでいるつもりだったようですが、

しんのすけしんのすけ

わかった!

と言ってくれ、ホッと。

 

その後、二人でパペットで遊んだり、コソコソ何かやっていました。
仲良くしてくれてよかった。

 

宿題をさせるにもおすすめ

普段、勉強、宿題を自分からしない、嫌がる子にはパペットを使ってうまく誘導するのもおすすめ。

普段は嫌がっても、遊びを取り入れることで、嫌がらずに宿題に取り組めるようになるかも!?

 

めぐママめぐママ

子供ってかわいいものが好きですよね?

だからこそ、パペットを使うと喜んで、勉強も取り組んでくれる可能性は高い!

 

思った以上に子供はパペットにハマる

パペットを作ってすぐに飽きちゃうかな…と思いましたが、子供は思った以上にパペットにハマっています。

二人でずっと使っているので、これはすぐ真っ黒になるな…と思いました。

 

パペットを使うとお互いに言いづらいことも言えるみたいです。

また、パペットを使うことで、さらに仲良く遊べて良い!

 

ひまわりひまわり

わたし、腹話術師になる!

練習してこれで稼ぐ!

めぐママめぐママ

え? そ、そうなの?

じゃあ、頑張って練習してみたらいいんじゃないかな…。

 

こんなやり取りがあり、しかも、娘、結構うまかったです、腹話術…。

口元動かさないでしゃべるのうまい!

 

まとめ

パペット 完成

普段、忙しいママはなかなか手作りのおもちゃを作れないというケースは多いでしょう。
でも、作ってあげたい、または一緒に作りたいという人はぜひ、パペットを一緒に作ってみてください。

物作りの楽しさだけでなく、パペットを使って子供の本音を引き出せることもあるかもしれませんよ?

 

 

スポンサーリンク