シーモアなら初めての人限定で70%割引券・初月100%還元で最大2万ポイント戻ってくる!
PR

井上雄彦の年収や資産は億越え?家も豪邸でヤバい!

井上雄彦の年収や資産は億越え?家も豪邸でヤバい! エンタメ
記事内に広告が含まれています。
PR

スポンサーリンク

今回は、スラムダンク、リアルなど、大人気漫画を描き上げている井上雄彦先生の年収や資産はどのくらいなのか、家が豪邸って本当なのか、調べてみました。

井上雄彦先生めっちゃファンです!

大好きで何度もスラムダンク読みました!

一気買いしてお小遣い使い果たしました!

ボロボロになるまで読みました!

映画ももちろん観に行きました✨

そんな人は多いはず。

 

バスケ留学の奨学金とかも作ってましたよね~!

カッコいい!

 

そんな井上雄彦先生の年収はどのくらいあるのか、資産ってどのくらい…想像つかない!って考えちゃいますよね。

あとおうちは…豪邸ですよね、多分…。

といろいろ気になったので、調査してみました。

 

井上雄彦の年収はどのくらい?

井上雄彦先生の年収はどのくらいなのでしょうか?

ちょっとまずは印税のところから調べてみました。

井上雄彦先生の作品と言えば、スラムダンク、バガボンド、リアルなどなど。

特にスラムダンクは1億2,000万部越え!

バガボンドは8,000万部オーバー、リアルは1,500万部オーバーと売れています。

そのほかにも、初連載作品カメレオンジェイル、マイケルジョーダン物語を元にしたHANG TIME、バスケットの宇宙リーグを描いたBUZZER BEATERを連載していました。

そのほかにも短編作品として、楓パープル(流川カエデなどスラムダンクの主要キャラの原型が描かれている)、華SHONEN、JORDANみてーに、赤が好き、BABY FACE、ピアス、JUMP少年、I THIS GAME、リアル×リオパラリンピックなどがあります。

また、イラストやデザインなども行っており、ポスターやカバーイラスト書き下ろし、資生堂CM演出、Tシャツデザイン、ゲームソフトメインキャラデザインを行っています。

画集とかも出していますし、漫画展とかもありますしね…。

さらに、【漫画がはじまる】、【描きながら考え、道が見えてくる】、【リアル×リオパラリンピック】なども共著で出していますね。

なので、収入は漫画の印税だけではありません。

イノウエバッジ店なども運営していますよね。

当然映画やアニメの版権もあります。

映画は一般的には1本100万円、アニメは1話ごとに版権が発生します。

ちなみに、30万円程度だと言われていますので、これが毎週とか放送されれば、結構な金額ですよね。

ただ、スラムダンクはかなり昔に放送されていますから、もう少し値段が低かったかもしれませんね。

 

現在はアニメの収入はないのかな?
再放送とかあれば別ですけど💦

 

さらに、イベント出店なども数多く出されていますし、結構活動的。

あと、映画のスタッフ情報を確認したのですが、井上雄彦先生は原作だけでなく、脚本、監督、キャラデザインもされています。

ということは、井上雄彦先生の収入は版権だけではない可能性がありますよね?

というか、絶対版権だけじゃないですよね。

監督、脚本、キャラデザもしているので、そっちの方の収入もあるはずです。

ちなみに、アニメ監督の年収は779万円~1,000万円を超えることもあるようです。

今回のTHE FIRST SLAM DUNKは日本の興行収入がトータルで158億6851万2,020円、台湾での興行収入が18億円、中国語吹き替え版で4億円、中国では131億8,000万円をたたき出しています。

また、韓国でも446万9600人の動員数を誇りました。(興行収入は不明)

興行収入を計算すると313億円は稼ぎ出していますよね…。

ヒットするのは恐らく間違いなしと思っていると思います。

監督の収入、脚本、キャラデザ、原作など入れると昨年度は今までにないくらいの収入を得たのではないでしょうか?

過去のアニメ化の収入はストップしていると思われますが、それでも映画化を受け、さらに漫画やグッズも売れているでしょう。

過去にはスラダンの完全版や新装再編版とかも出ていますしね。

一応、推定年収を参考にすると2億越えとなっていますが、2023年度はもっと行っていると思われます。

というのも、漫画の印税以外の部分が大きいから。

恐らく映画に関しては、映画化に伴う版権だけではないはず。

 

かなりの部分関わっていますからね!

 

井上雄彦先生が中心になって映画を作っていますから、恐らくパーセンテージで取っているんじゃないかな…と考えちゃいますね。

万が一、1%だったとしても、3億1,300万円!?!?

おそらく1%じゃすまないと思いますけどね…。

さすがに10%は取れないと思いますけど、2~3%は取っているのでは…。

井上雄彦先生、映画全面的に関わっていますからね。

ということで、絶対3億以上は収入あるはず!

それに新作がなくても漫画の印税やその他のこまごまとした収入があると思うので…5~6億くらいはいっているんじゃないかなと予想できます。

いや、いっているでしょ!

あくまで予想ですが、映画は原作丸投げじゃない点が大きいんじゃないでしょうか!?

 

昔から映画化の話は合ったらしいんですが、井上雄彦先生がうんと言わなかったっぽいんですよね。

それをうんと言わせたのは、自分が大きくかかわったこと、こだわりぬいたことがあるので、やっぱり収入の面でもしっかりもらってないと首は縦に振らないんじゃないかなあ…。

 

あと、井上雄彦先生は自分でも事務所を設立しているとの事なので、事務所が契約しているということもあり得ますよね。

そうなると、もっと収入ありそう!?

また、過去に高額納税者番付にも載っていたらしいです。

 

広告

井上雄彦の資産は億越え?

井上雄彦先生の年収がすごいのはわかりましたよね。

2023年度は特に年収がすごかったんじゃないかなと予想します。

あくまで版権以外の収入もあったとしてです。

スラムダンクの収入はバカ高いと予想できます。

というのも、スラムダンク奨学金ってのを運営していて、その出資がスラムダンクの印税から成り立っているからです。

スラムダンク奨学金はバスケ留学対象者への奨学金。

学費、生活費などが含まれており、返済型の奨学金ではありません。

バスケットボールがどうしてもやりたい、才能があるのにお金がないせいで諦めなくちゃいけないという子供たちにとっては、本当に素晴らしい奨学金ですよね。

スラムダンク奨学金は、2024年1月31日の応募までは掲載されていました。

なので、ずっと継続されている奨学金だと思います。

ということは、相当な金額を出資し続けているということですよね。

留学先によっては生活費が付き20万円近くかかるところもあります。

それがまかなわれるということは相当額。

しかも、1人ではなく毎年、若干名の募集となっているので、1人だけでなく2人のときもあります。

大抵は1人になっていますけど。

それでも14か月間支給するとなると井上雄彦先生の負担はすごい額ですよね!

ちなみに、渡航費用、移動費用、保険料までまかなわれます。

年間300万くらい…?

 

ちなみに、倍率は15~30倍の倍率です。

これをずっと維持し続けているということは、結構な資産がないとまかなえません。

あと、乗っている車は、メルセデスベンツです。

4台変えていますが、全部メルセデスベンツなので、1,000萬円以上ですね。

さらに、事務所の自社ビルもあるので、自社ビル+豪邸+現金資産などを考えると数百億の資産があるのではないかと思われます。

ただ、現在はヒット作品を連載しているわけではなく、リアルが不定期で掲載されている感じです。

なので、資産は尾田栄一郎先生よりは少ないんじゃないかなと思われます。

 

広告

井上雄彦の豪邸がヤバい!

井上雄彦先生の自宅は豪邸という噂が…。

吉祥寺に住んでいるという話と世田谷という話があります。

ネット上では世田谷に8億の豪邸が建っているという話ですね。

2階建てという感じではなく、ビルになっているそうなので、ちょっとマンションぽい建物なのかもしれませんね。

または、この建物は事務所ではないのかな…という感じもします。

アトリエ兼事務所が世田谷にあるという話もあり、6階建てのビルだそうです。

また、1回はバスケットゴールもあるらしく、

以前は吉祥寺に住んでいて、その後、世田谷に引っ越している可能性もありますね。

ただ、イノウエバッジ店が立川のGREEN SPRINGSというところにある瑶なんですよね。

世田谷だと結構離れちゃう!?とちょっと思いました。

吉祥寺から立川だと16分で着いちゃうので、近いんですよね…。

結構面倒なところにあるかなあと思いました。

なので、もしかしたら、そのまま吉祥寺に住んでいる可能性ありですけど。

はっきりとはわかりませんが、吉祥寺に住んでいたままかもしれないです。

 

広告

井上雄彦の年収や資産は億越え?家も豪邸でヤバい!

井上雄彦先生の年収や資産は億越えなのか、豪邸に住んでいるという噂があるが本当なのか調査してみました。

2023年の年収は2億越えどころではなく、5~6億円は稼ぎだしているのではないかと予想します。

というのも、映画の版権だけでなく、監督、脚本、キャラデザまで行っており、こだわりぬいたそうです。

また、元々、映画の話があったにもかかわらず、なかなかうんと言わなかったようです。

なので、金銭面でもかなり優遇されているのではないかなと予想します。

いやわからないですけども!

でも、そうじゃないと井上雄彦先生は動かなそうですね…。

まあ、お金じゃないんでしょうけど、やっぱり自分の作品をよりよくしたいと思えば、収入面も大事。

なので、もしかしたら事務所で契約して収入が+αであったと思います。

ほぼ全部関わっていますからね!

相当な労力ですよね。

なので、井上雄彦先生の年収は5~6億超えかなと思います。

また、井上雄彦先生の家は豪邸という噂ですが、実際に見ていないので確定ではありません。

ただ、世田谷には自社ビルの事務所がある、自宅が世田谷または吉祥寺にあるという話がありました。

自宅自体も相当な豪邸だという噂があります。

確かにセキュリティ面で豪邸じゃないと厳しいですよね💦

世田谷に住んでいるとイノウエバッジ店が立川のGREEN SPRINGSに行くのは不便かなあと思います。

もしかしたら、吉祥寺のまま住んでいるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました